アイステ!!!受信記録 2009年09月分

第6回放送(2009.09.06)
歌姫楽園NEW BE@T = コーナーお休み
【アバンタイトル】BGM:キミはメロディ

千早と貴音のあまりにも静か過ぎる会話も
たまには良いかもですけど…、響には耐えられないようで。
まぁ、響だし(笑)

【オープニングトーク】

ミンゴス「みなさんこんばんわ!
     如月千早役のミンゴスこと、今井麻美です」

由実さん「四条貴音役のはらみーこと、原由実です。」

ぬー「我那覇響役のぬーぬーこと、沼倉愛美です。」

ミンゴス「いやぁ、沈黙かぁ〜。」

由実さん「沈黙ですねぇ。」

ぬー「ラジオでそんなことしたら(笑)」

ミンゴス「よかったぁ、後ろにBGMかかってて!(笑)」

ですよねぇ(^^;
たしかラジオで10秒か15秒くらい音声が何も流れなかった場合、
それは放送事故になるんでしたよね。
しかし、貴音と千早の静かなラジオってのも一度聴いてみたい気が(笑)

由実さん「たしかに、放送事故みたいになりますね。」

ミンゴス「今、(沈黙)やったら大変だよね(笑)」

ミンゴス、それは勘弁してください(^^;;
放送事故の事後処理がどんなものかは知りませんが、
番組プロデューサー、音響技術さん、ディレクターさんetc
おそらくは、ここらへんの方々に何らかの影響が及びます(笑)

ぬー「ビックリしました。
   来て(台本)読んで、えぇ〜〜〜?って。」

由実さん「これたしかにラジオでやったら…。」

ぬー「でも、これ、あの二人だとたしかになっちゃいますよね(笑)」

千早と貴音ですからねぇ。
二人とも何かに没頭すると無言になることは容易に想像できますな。

由実さん「なかなか見れない掛け合いですよね。」

ミンゴス「そうだね。静と静のぶつかり合いみたいな(笑)
     それに耐えられない響が超かわいい!」

一同笑

由実さん「ほんとに真逆ですからねー。」

あの、響だけじゃなくリスナーも耐えられないと思います。
なので、実際にやるのは勘弁してください( ̄▽ ̄川)

ミンゴス「でも、このラジオはちゃんとね! 空間を作ることなく!」

由実さん「そうですね!」

ぬー「はい!」

ミンゴス「やっていきますよー!」

由実さん「じゃあ、メール紹介しますよー。」


【ふつおた!!!】

メール一通目。
「いつもほんわかはらみーさん、いつもテンパりぬーぬーさん、
 いつもビューティフル麻美先輩!」

ミンゴス「当然よねー!」

由実さん「あら?」

あれ? 今、先輩って言われたような?

ミンゴス「今日は 兵器 平気だわ!」

↑誤変換で、真っ先に「兵器」って出ました…何故に?

由実さん「効かなくなってきました?」

ミンゴス「だいぶ耐性が出来てきたかな?」


由実さん

「やだぁ!そんなのおもしろくなぁ〜い!」


おもしろくないって、もしもし由実さん?(⌒▽⌒;;;
さては、これまでの先輩いじり、心底楽しんでましたね?(笑)


ぬー

「由実、(先輩に代わる)別のを

 考えないとダメだね。2人で考えようね!」


ちょ!…ぬーまでそんなことを(^^;;
どうせなら二人だけじゃなくて、リスナーPも巻き込みましょう(ォィ
全国にミンゴス包囲網を張れば「先輩」に続く会心の一撃が出るやもしれませぬ。
ダメージ受けるミンゴスってかわいいから、きっと沢山の案が出てくるでしょう。

ミンゴス「ちょっと、おまえら!(笑)」

リスナーPは面白いことなら何でもやるでしょうから、御覚悟を!(←他人事)
てゆーか、そんなことよりもメールの続き!

↓これがメールの続き
「DLCのぷちドルたちをDLしました。ちひゃーがいとしすぎです。
 早く、たかにゃやちびきも欲しいです。」

ミンゴス「(たかにゃ&ちびきの)二人とも欲しい。」

ぬー「たしかにかわいいですよねぇ。」

由実さん「かわいいですよねぇ。」

ミンゴス「あれねぇ、一家に一台だよね。」


いやいや、ミンゴスさん。
一家に一台じゃなくて、一人に一台でしょう。
個人的には12人全員と言いたいところですが、
そんなにいたら大変だろうなぁ(^^;;

ミンゴス「頭に乗せたぁ〜〜いと思って。」

ぬー「ほんとに、ほんとに毎日、頭にずっと」

ミンゴス「これでいろんなとこ行きたいよね、電車とか乗って。」

ぬー「事あるごとにポフポフって、こう頭の上撫で回して(笑)」

ミンゴス「ぜったい柔らかいんだよ!」

ぬー「なんだ、これー?みたいな」

由実さん「欲しい〜!」

ミンゴス「肩に乗せるのと、頭に乗せるのと抱っこするのと、どれがいい?」

ぬー「あー、悩みますねぇ。」

私の場合、歩いてるときは頭で、
電車とかで座ってるときは抱っこがいいですね。
電車の中でうっかり寝たら、ぷちドルが転げ落ちそうなので(^^;

由実さん「でもね、見てる分には頭に乗せてるのが可愛くないですか?」

ミンゴス「乗せてるの可愛いかぁ。そうかぁ。」

ぬー「ほんとに作ってほしい。頭に乗っけられる奴。」

『P.S.プロデューサー』のときに見た、
ぷちはるかさん&ぷちあふぅは特注品なんでしょうかね?
あれ、カチューシャみたいになってて頭に乗せられそうですけど。

ミンゴス「触ったらさ、ちゃんと『ぽよょん』って言ってほしいよね。」

一同笑

ミンゴス「何で作ればいいんだろ? 素材は何かな?
     まだ(DLCで)GETしていない方はぜひGETしてほしいですね。」


メール二通目。
「小さい頃から直らない癖ってありますか? 私は爪を噛む癖があります。」

由実さん「癖? 癖ね、たぶんいっぱいあるんですけど、
      ぜんぜん出て来ないです。残念ながら。」

ミンゴス「え? 自覚が無いだけじゃない?」

『無くて七癖』って言いますからね。
自分でも気づかない癖って、誰にでもあるんじゃないでしょうかね?
由実さんの場合、仕草に出る癖は分かりませんけど、
「○○みたいな」ってよく言ってますね。
由実さん曰く「締めの言葉」のようですが(笑)

由実さん「自覚(笑)…、言われてみれば『あー、そうかも』って
     なんか人に言われて気づくみたいなタイプなので。」

由実さんの言ってることも一理ありますね。
癖って無意識にやっちゃってるのもあるでしょうから、
人に言われて気づくことの方が多いかもしれませんね。

ミンゴス「何だろ? 由実ちゃんの癖。」

ぬー「何だろ?」

由実さん「(私の癖って)何ですか?」

何でしょうね、由実さんの癖って?
私の由実さんの好きなところの一つ、ふんわりしてるところは、
癖じゃなくて性格や人柄ですからねぇ。

ミンゴス「あ、あれじゃない?
     こう、自分の分からない話になったら、とりあえず『はい!』って言う」

一同「「「(笑)」」」

ガンダム話のときは、ぽかんとしてたような気がしますが(^^;
どんな口癖があるか、今までの分、聴き返してみようかな?

由実さん「それだと思います!(笑)
     『返事はいいね』ってよく言われるんで(笑)」

ぬー「返事『は』?」

由実さん「返事『は』。」

はらぬー、二人して「返事は」って(笑)

ミンゴス「『ぜってえ分かってないだろ、今の話』って思いながらね(笑)」

由実さん「そんな感じだと思います(笑)」

ミンゴス「あれも、わりと癖だよね。」

由実さん「癖ですねぇ。」

ミンゴス「ぬー、なんかあるかな?」

ぬー「私は何でしょうね? よく髪とか触りますけどね。」

ミンゴス「あ、触ってるー!」

由実さん「触ってる気がする。」

しまった!
『P.S.プロデューサー』の公録のとき、そこまで見てなかった!
恥ずかしがってるとこだけをガン見してた気が(^^;

ミンゴス「あのー、昔さ、撮ったDVDあったじゃん。」

ぬー「うんうんうん。」

ミンゴス「あの、まだ961時代の頃の。」

ぬー「うんうん。」

『オーバーマスター』と『Colorful Days』初回限定版に同梱されていたDVDですね。
インタビュアー初挑戦の由実さん&ぬーが観れる貴重なDVDです。
今でもときどき観てますけど、小芝居とかも入ってて楽しいですよ。
思えば、このDVDで初めて動いてる由実さん&ぬーを観たんでしたっけ。

ミンゴス「あれもわりと髪触ってなかった?」

ぬー「そうでしたっけ?」

あり? そうでしたっけ?
由実さん&ぬーの可愛さとトークに集中してて気づいてなかった(⌒ー⌒;

ミンゴス「なんか触ってた気がするよね。」

由実さん「けっこう、この下あたりを」

ミンゴス「そうそうそう。」

ラジオなんで見えませんけど、会話の流れからして、
ぬーの鎖骨から胸のあたりを指してるのかな?

ぬー「こう流れのところを」

由実さん「ねぇ。」

ミンゴス「そう。サワサワサワサワって。」

ぬー「やってます。」

ミンゴス「その髪の毛を切ったらどうなるのかな?」

ぬー「どうなるんでしょうね?
   この手は何処に行けばいいのか?
   もう挙動不審になるかもしれないですね(笑)」

挙動不審なぬーはともかく、個人的にセミロングのぬーは見てみたいですね。
ぬーは今でも十分にかわいいですけど、髪型を変えたらどんな感じになるのか?
興味ありますね。
由実さんが茶髪にしたときみたいに、これまでとは違った魅力が出るかもしれません。

ミンゴス「はわはわはわはわって(笑)」

ぬー「触るべきところは?みたいな」

ミンゴス「よけいテンパりぬーぬーになる(笑)」

由実さん「麻美さんは何かあります?」

ミンゴス「あたしは何だろな? 癖かぁ。
     あたしもね、わりとね、
     あんまりないんじゃないかって自分では思ってる。」

由実さん「あー、じゃ、言われて気づく系ですね」

ミンゴス「うーん。」

自覚のない人って、やっぱり言われて初めて自分の癖に気づくみたいですね。
私もそのタイプだったりします(笑)

由実さん「でも、癖っていうか、わりと何か、そこらへんにあるものをこう、
     ペンとかを何か、必ず、こう、そこらへんにある麻美さんの物ではないペンを
     書き書き書き書きって使うの『あっ』みたいな。」

ぬー「『あ、返す』みたいな」

由実さん「そうそう(笑)」

ミンゴス「(笑)」

由実さん「それは絶対、毎週あります。」

ミンゴス「うん。やらなかったことない!」

私の知人にもミンゴスと同じ癖を持ってる人がいます(^^;;
本人に悪気はないのはいいんですけどねぇ。
その方はときどき、ふと気づいたときに、
「あれ? これ誰の?」とか言ってます(笑)

一同「「「(笑)」」」

由実さん「自覚あるんじゃないですか!(笑)」

ミンゴスも自覚はあるものの、
癖だから行動は無意識にやっちゃうみたいですな( ̄▽ ̄川)

ぬー「必ず何か、毎週、あたしの赤いペンを『借りるね』って言って、
   最近、何も言わずにおもむろに手を伸ばす(笑)」

ミンゴス「いや、一応アピールはしてんだよ! ♪〜〜〜♪〜〜♪って(笑)」

ぬー「あ、たしかに、たしかに!(笑) (あたしが)どうぞって言って。」

あの、今井さん言葉にならないアピールってのは(笑)
まぁ、仲の良い皆さんだからこそ通用する方法だと思いますけどね(^^;;
でも、ちゃんと「貸して」って言おうよ(⌒▽⌒;;)

ミンゴス「うん

ぬー「筆箱持ってるくせにぃ。」

うむ。ぬーのご意見、ごもっともでございます(笑)

ミンゴス「うん。持ってるぅ

ぬー「何故、カバンから出てこないのか?」


ミンゴス「そこに、目の前に

     ペンがあるからだ!(笑)」


由実さん「なんか名言が生まれましたね。」

いいえ、由実さん。
そういうのは「名言」じゃなくて「『迷』言」です(笑)
一歩間違うと、
「お前のものは俺のもの(以下略)」
って奴になりかねません( ̄▽ ̄;;)

マジな話、この三人だからこそ通用するルールですね。
本当は私物なんだけど実質は共有物みたいな(笑)
いやはや、仲良きことは美しきことかな(←違


メール三通目。
「先日放送された『ザ・ウォール・オブ・ゲーム』に
 坂上Pが出演してました。」

ミンゴス「ガミPがテレビに出てたんだ」

由実さん「知らなかったです」

私も知りませんでした。
…というか、この番組の存在自体知りません(^^;

ミンゴス「すごいねぇ〜!」

由実さん「これ普通の、何かテレビで観られる、
     普通に観られる番組だったんですかね?」

ミンゴス「こちらにはまだ情報が上がって来てないっていうか」

ですよねぇ。
この番組に情報が来てたなら、間違いなく告知されてたでしょうし。
由実さん達の反応からして、三人とも知らなかったみたいですね。

ぬー「教えて欲しかったぁ!」

ミンゴス「こないだ会ったときに言ってくれれば良かったのに!」

『この間』っていうと、アニサマのときですね。

由実さん「ホントだぁ〜!」

ぬー「そうですよねぇ!」

坂上さん、三人娘から非難轟々ですね(笑)
けど、マジな話、言ってくれてれば視聴率UPしてたはず。
坂上さんも惜しいことを…。

ミンゴス「真面目なガミPなんて

     見たこと無いもん!」

ちょっと…ミンゴス?(^^;;;

ミンゴス「一度たりとも見たこと無いもん!」

ミンゴス、さらに止めを刺しますか(^^;
坂上さん、かなり偉い人なのに、ものすごい言われ様ですな(笑)

ぬー「ちょっ!それ言いすぎじゃない? 大丈夫ですか?」

あ、ぬーも同じこと思ってた(笑)

ミンゴス「だって(ぬーは見たこと)ある?」


(この間、約0.1秒)


ぬー「ないです」


ぬーさん、即答しすぎ( ̄▽ ̄;;
そこは「きっと真面目なときもありますよ!」とか、坂上さんをフォローするところでしょ!
せめて、少し躊躇して言い淀むとか。
いくら何でも即答はちょっと(笑)

由実さんも何もフォローを入れないところがまた(^^;;;

ミンゴス「ほら見ろ!」

由実さん「そうなんですか。でも、変態っぽさは出さなかったんですか?」

ミンゴス「やっぱ、こう、あのー、周りに偉い人がたくさんいたから(笑)」

由実さん「本性を出せなかったみたいな(笑)」

ミンゴス「出せなかったんじゃないかな?(笑)」

ダメだ…この三人(⌒▽⌒;;;
この方々の中では完全に「坂上さん=変態」の図式が成立してしまっている(^^;
かくいう私も同じですけどね(ォィ

ミンゴス「きっと今頃うずうずしてクシャミでもしてるよ。
     『へぷしっ!』って」

由実さん「ねぇ。必ず探して、なんか観たいですね。」

ぬー「観てみたいです」

ミンゴス「大丈夫です!
     きっとバンダイナムコゲームスさんに行ったらデータがあるはずですから!」

ぬー「なるほど、探しましょう!」

ミンゴス「ガミPには内緒で!」

由実さん「内緒で!」

完全におもしろがってますな(笑)
他のメディアだと、ファミ通か何かに坂上さんのインタビューが載ってますね。
先週の金曜に出た分から三週連続で。
バンナムに入ったきっかけとか、アイマスに関わることになったきっかけとか、
けっこう興味深い内容のインタビューが載ってるみたいですよ。

そんな話から『アイドルマスターDearly Stars』の告知と、
主題歌『HELLO』の曲紹介へ。
今週は『HELLO M@STER VERSION』の2番を聴きながら【ふつおた!!!】終了。


【ステップアップ!!!ルーキーズ】
今回は9月第一週なので、御題はゲーマガのCM作り第二回。
一人のリスナーPから送られたネタで頂上決戦してました。
結果は、ぬーが読んだ方が採用決定!

ウメP談:パクリはダメだろ

いやいや、でも両方ともネタとしては面白かったですよ。

なかには、貴音や響の掛け合いのネタ(ウメP逃走ネタとか)もあったようですが、
掛け合いを送った人、すごいですねぇ。
私も千早、貴音、響の掛け合いを考えたのですが、
どう頑張っても20秒に収まりませんでしたorz
全国のリスナーPさん、レベル高いですな。


【That's 談】(臨時コーナーですかね?)
番組開始から一ヶ月。
この一ヶ月を振り返る話がメインでした。

ぬーの場合、第一回目ほどじゃないにしても、
まだちょっとは緊張するみたいですね。
ですが、「始まると楽しいからあっという間に終わる」ってのは分かります。
聴いてる方も楽しいですからね、この番組は。

由実さんは『ステップアップ!!!ルーキーズ』がまだ緊張というか、
ドキドキするみたいです。
ネタを選んで、自分達がそれにチャレンジするわけですからねぇ。
ドキドキするのも自然なことかもしれません。
ネタ選びにもワタワタしてるというのがまた(^^;;

ですが、由実さん&ぬーともに楽しそうですし、
この番組ではテンションの高いぬーや、
由実さんのふんわり&ほわわんなトークが可愛いかったりするので、
このまま、お二人とも番組を楽しみつつ、収録に臨んで欲しいです。
パーソナリティが楽しいと、それは聴いてるリスナーにも楽しさが伝わりますから。

てゆーか、ミンゴス(^^;;
どさくさに紛れて、しれっと無茶振りネタをリクエストしないでください(笑)
聴いてる分には楽しいこのコーナーですが、
チャレンジする由実さん&ぬーは大変ですよ?
その大変なものにも楽しんでチャレンジしてるから、まぁいいか(ォィ

そんな流れから夏の思い出の話へ。

ぬー「遊びに行ったというか、変なことしました」

由実さん「なになに〜?」

ぬー「我慢大会しました(笑)」

由実さん「あー! 定期的に開催してるヤツでしょ?」

あー、あれね(^^;;
ぬーのブログとハゴちゃんのブログで見ました。
みんな揃いも揃って阿呆でしょう(笑)← 良い意味でですよ?

あそこまで阿呆な企画を思いついて、それを実行できるなんて、
仲が良くなきゃ出来ないことだとは思いますが、

みなさんノリ良すぎ!!(⌒ー⌒;;

ミンゴス「ちと楽しそう。やってみたい」

ミンゴス、ちょっと待った!

あなたは昨年の夏、浴衣で灼熱の浜辺に行って
熱中症になりかけたでしょ!?( ̄▽ ̄;;
悪いこと言わないから止めたほうがよろしいかと(笑)
ぬーの言う通り、瀕死状態になりかねないから!

ミンゴス「冬(の我慢大会)はやだ!」

ぬー「冬はダメです! 本気で寒い」

ミンゴス「でしょ!」

ぬー「死んじゃうから!」

ミンゴス「ねぇ!」


由実さん

「なんで冬は寒くなるんですか?」


ぬー「へ?」

あれ? 由実さん、我慢大会の意味が分かってない?(^^;;


由実さん

「だって、あったかくするんでしょ?」


ちょ…! やっぱり分かってなかった(笑)
それとも、鍋に気を取られたかな?(^^;;;

ぬー「我慢なんだぞ?(夏は)暑いから、暑いのを我慢するんだぞ?」

ミンゴス「冬は寒いんだぞ!」


ぬー

「冬は寒いのを我慢するのが我慢大会!

 冬に鍋食べたら普通じゃん!」


由実さん「あっ…、そうだったんだ(笑)」

ぬーさん、相変わらずの的確な突っ込み御苦労様です(笑)

ミンゴス「でも鍋食べたいなぁ!」

由実さん「今年中にやりましょ!」

ミンゴス「何鍋する?」

ぬー「え? ここで?」

ここでって、さすがにブースの中はまずいでしょ(^^;
レディオ時代のたこ焼きやお好み焼きは、それなりの場所でやったんでしょうし、
通常の収録ブースでやったら、ミキサーに鍋の具材その他が
こぼれようものなら大惨事です。
(ミキサーって、ウン千万するらしいですね。)

『アイマスステーション!!!』で鍋かぁ。
レディオの宴会放送みたいに鍋突付きながら
収録&放送ってのも面白いかもですよ。

元々、フリーダムでカオスなレディオの後番組ですし、
たぶん、面白ければ何でもあり!…だと思います。

そんな感じで特別コーナー【That's 談】終了
さっそく響のゲーマガCMが流れてますね。
響もかわいいし、やっぱりおもしろいですね、このCM。


【番組からのお知らせ】
コロムビアからのお知らせ
アイマスDSの主題歌『HELLO!!』の告知

バンダイナムコゲームスからのお知らせ
アイマスDSが様々なWebラジオ等で取り上げられます。
詳しくは、アイマス公式サイトをチェック!
次回は梶岡DがアイマスDSを持って登場。
みんなでDSを遊んでみます!


【エンディングトーク】
ぬー「今から鍋が楽しみですねぇ。」

由実さん「ねぇ〜!」

ミンゴス「やっぱ、でも基本、一応なんかこう『アイマスステーション!!!』ですから。
     『アイマスステーション!!!』たるもの、普通に鍋食っちゃつまんないでしょ。」

由実さん「えぇ〜〜!」

ぬー「何かしますか。」

あの…、あまり無茶振りは止めたほうがいいですよ?
ダメージ受けるのはあなた方です!(^^;

ミンゴス「何したらいいかな?」

由実さん「さっきの闇鍋ってホントに実現したら、
     あれって何か、嫌なもの入れるんでしたっけ?」


ミンゴス「靴下とか?」


もしもし、由実さん?ミンゴス?
せめて食材に限定しませんと(汗
食べられないものはさすがにヤヴァイですって!!

ぬー「食べられるものにしましょうか。」

うん、その方がいい。
良かった、ぬーに理性が残ってて(笑)
あと、鍋に入れたらドロドロになるようなものも避けた方が無難かな。
でも、餅なんかは意外と鍋に合ったりしますよ。
煮込みすぎるとドロドロに溶けますけどね(^^;

ミンゴス

「ちょっと、そんな!

 まだ冒険心が足りない!二人とも!」


ミンゴス、そういう問題ぢゃねえっす!
言いたいことは分からなくもないですが、
身の安全はちゃんと確保しましょう( ̄▽ ̄;

ぬー

「じゃあ、靴下入れましょうか!」


由実さん

「じゃあ、靴下!

 で、麻美さんが食べるんですよ?」


ミンゴス「おぉ!?」


ぬーも由実さんも靴下から離れなさいって!( ̄▽ ̄川)
靴下は食えんって!
ミンゴスが死ぬっちゅうねん(^^;

ぬー「それを当てたら食べなきゃいけない!」

由実さん「そうそうそう(笑)」

由実さん、同じ鍋を突付いてる以上、条件は同じ!
危険度も同じですって!(^^;;
だから、ちゃんとした食材にしなさいって!

ミンゴス「ちょっと想像したら怖くなってきた(笑)」

由実さん「えぇ〜! でも楽しみですねぇ〜!」

闇鍋って楽しそうではありますが、
理性は保とうぜ!(汗&笑
入れるのは食べられるもの限定で!

ミンゴス「これからもね、一ヶ月経ちましたけれども、
     これから先も皆さん、『アイマスステーション!!!』、
     どんどん応援してくださいね!」

由実さん「よろしくお願いします!」

当然でしょう!
たとえ断られようと応援しますぜ!!
こんなにかわいくて楽しい由実さんやぬーが毎週聴ける番組は、
『アイマスステーション!!!』をおいて他にない!

ぬー「それじゃ皆さん、またぬー。沼倉愛美と!」

由実さん「ほななー。原由実と!」

ミンゴス「オヤスミンゴス。今井麻美でした!」

全員「「「バイバ〜〜〜イ!」」」



今週のおまけ
後ろに写ってるパーソナリティ三人が何してるかは分かりませんが、
『HELLO!!』が発売ですね。
作詞がyuraさんで、作曲が神前さんのせいか、
良い曲に仕上がってます。
876の三人だけじゃなく、千早,貴音,響の三人Versionも聴いてみたいです。


そういうわけで、第6回目終了です。


page 1  



2009年08月分へ   受信記録一覧へ  

HOMEへ(別ウィンドウが開きます)