思うことを寄せて


 

 特定非営利活動法人
    ネットワーク大府
       矢澤 久子
  先日、全国社会福祉協議会に於いて「広がれボランティアの輪」連絡会議「ボランテァ・市民活動の
 推進に関する関係省庁との懇親会がありました。

    関係省庁レポート発表
  午前 ① 文部科学省  生涯学習政策局 社会教育課
                  地域学校協働推進室
                  国立教育政策研究所
                  社会教育実践研究所
      ② 法務局     保護局 更生保護振興課
  午後 ③ 内閣府     防災担当
      ④ 警察庁     生活安全局 生活安全企画課
      ⑤ 国土交通省  総合政策局 官民連携政策課
      ⑥ 復興庁     ボランティア・公益的民間連携班
      ⑦ 更生労働省  社会・援護局 地域福祉課

  その後、懇談・質疑応答がありました。
 文部科学省のレポート発表者2名、室長と企画課長が女性、後は男性でした。2名のレポート発表、
 落着いたトーンで印象に残っています。市民生活がスムーズに動いているのは、皆様のお陰だと
 思います。

  10月19日、全国社会福祉協議会、灘尾ホールに於いて「支え合いをひろげる住民主体の生活支援
 フォーラム」が開催されます。
 豊富な知識・経験を有する各サービスの全国団体のサポートのもと、地域に必要とされ取り組まれて
 いる多様な実践を通じ、サービスの立ち上げや運営に、役立つ情報、留意点、専門職や住民との
 協働のあり方について学びます。
     「シンポジウム」
 「住民主体の生活支援サービスを充実させるために~地域に必要とされる活動を生み出し展開する」
 をテーマで行われます。

  午後の「分科会」
 「ここがポイント!住民主体の生活支援を充実させる多彩な活動」をテーマに、「訪問型サービス」、
 「食事サービス」「移動・外出支援」の分科会があり、情報共有や協働の実際の報告をいただき、今後
 の各地での実践に活かします。

  人間環境大学(101名)、日本福祉大学、日本福祉大学中央福祉専門学校、小学生・中学生・
 高校生・大学生の実習やボランティアを受け入れました。
  愛知県庁2年目の職員研修生20名の内10名の方が終了し、英語でサマー・スクール ① ② ③
 コースも終了。 今年も大好評で楽しく学ぶ事が出来ました。

   ジーニアス幼稚園の年長さんが9月19日、9月22日「ネットワーク大府」と「ネットワークみやび」
 に来ていただき交流いたします。
 利用者の皆様、楽しみにしています。

            人の幸せを喜ぶが自分の幸せにつながるなり
   
              *心に残った言葉を書きとめました。