思うことを寄せて


 

 特定非営利活動法人
    ネットワーク大府
       矢澤 久子
 2月20日(火)全国社会福祉協議会に於いて住民参加型在宅福祉サービス団体全国連絡会、
総会行政説明会がありました。
 (1)「地域福祉施策の方向性と住民参加型在宅福祉サービス団体への期待」~「我が事・丸ごと」
地域共生社会実現に向けた取組みを中心に~   厚生労働省 社会・援護局 地域福祉課
                                 地域福祉専門官 後藤真一氏
 (2)「障害者施策の方向性と住民主体の活動への期待」 厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部
      地域生活支援推進室   虐待防止専門官    障害福祉専門官片桐公彦氏
 (3)「児童福祉 施策の方向性・・・・・・・・厚生労働省 子ども家族局 総務課
                                       少子化総合対策室 小林勝彦
 (4)「高齢者福祉施策の方向性・・・・・・・」厚生労働省 老健局 振興課 谷内一夫氏
    身近で関心のある事ばかりで、短時間では素通りしてしまい、物体なく思いました。
家で資料を読み返してみますと、事例が沢山掲載されておりました。それぞれの市町に合った方法で
取り組みなければ・・・・・・・・・・。
 3月4日(日)名古屋市総合福祉会館 7階に於いて、第16回福祉たすけあいフォーラム
「持続可能な福祉のしくみ」開催されます。
 介護保険制度の大幅な改正を受けて、各市町村では、要支援者を地域でささえる体制づくりが課題に
なっています。
 30年度制度改正による変更点を確認し、ささえあいの地域づくりの今後の方向性を展望します。
  ○基調講演
 「平成30年度介護保険法改正のポイント・今後の展望」 厚生労働省老健局 振興課長 込山愛郎氏
「福祉NPO持続可能な活動・経営のあり方を考える」 住友理工(株)CRS部長 戸成司朗氏
 シンポジウム「持続可能な福祉のしくみ」 是非御参加下さい。
  レストラン「こもれび」では、毎月企画し、皆様のお越しをお待ちいたしております。
  作品も受付けております。
     3月 高橋由志子氏 俳句・俳画・作品展  4月 松本栄一氏 作品展

          ○今日の一つは、明日の二つに勝る。 何事も先に延ばさないこと
          ○多すぎず少なすぎず、度を超さずして健康増進
          
                        心に残った言葉を書きとめました。