岡村 秀人大府市長より、新年の寄稿をいただきました

                                  平成29年1月 吉日
 
  新年あけましておめでとうございます。
ネットワーク大府の皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えのことと
お慶び申し上げます。
 超高齢社会の到来に伴い、我が国では、要介護状態になっても住み慣れた地域
で自分らしい暮らしを続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援
を包括的に提供する地域包括システムの構築が、重要な課題となっています。
貴法人におかれましては、介護保険制度が始まる以前から、市民参加の互助の
システムの構築を目指し、住民参加型の在宅介護と家事援助を柱として、地域住民の要望に沿った種々の活動や地域の福祉力を高める活動を始められ、地域
包括ケアシステム構築の先駆けとしての役割を果たしてこられました。
 近年、社会問題として顕在化している認知症への対応についても、小学生に対する認知症サポーター養成講座の実施に加え、レストランこもれびでの「コミュニティ
カフェ みちくさ」の開設など、認知症の方やご家族を地域で支える体制づくりにも
取り組んでいただいています。
  今後も大府市では、長生きを喜べる理想的な「幸齢社会」の実現に向け、誰も
が生涯にわたり、安心して生活できるまちづくりに取り組んでまいりますので、地域
福祉の増進に変わらぬご尽力を賜りますようお願い申し上げます。
 結びに、貴法人と職員、利用者、その家族の皆様にとって笑顔で素晴らしい一年
となりますよう祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。