改造記

アピオ ノーマルバンパー用リア牽引フック(穴あけ不要タイプ)

今までもノーマルバンパー用がありましたが、これは更にフレーム接続をボルトオンできるようにしたもの。
本来はJB23用です。

注:現在はJB43用にバンパー外さないで作業できるように専用品番でフック出てます。
http://item.rakuten.co.jp/apio/3070-91/
フロントも赤にしてますので赤化。

室内でカッティングシートで赤くラッピング。
フロントでも何回か牽いてますが意外に剥がれない。
JB23の場合は、ナンバープレート外した穴からフレームにアクセスできますが、JB43の場合はバンパー外す必要があります。
※ナンバー移動していない場合は封印外しが必要になります。
(隙間から作業できたという話も聞きましたが)

さらにJB23-5型からは純正タイダウンフックの上に穴がありますのでそれを利用します。
JB43-6型にも同じ穴ありましたので仮止め
フレーム内でナット留めますので20センチほどの柄の14ミリ工具が必要。
軽くテープでナット留めます。
座金つき形状のナットなのでそのままフレーム下から締め上げ
全くのボルトオン
こんな感じでつきます。
本来JB23用なのですが、何も問題なく装着できました。