スクープ

ジムニーボーイ・コンセプト

 
 

各社から高級志向の軽自動車が次々登場。スズキもジムニークーペを発表する。

多くのジムニーユーザーが1名~2名乗車で、あまり積載もせずに使用しているというスズキの調査結果から、

近年の高級パーソナルSUVイメージを連想させるパーソナルクーペの開発となった。

ボディ前部分はジムニーのイメージを引き継ぎながら、サスペンションとルーフ形状でジムニー比マイナス100mmの全高1580mmに設定。
ビルトインラダーフレームに4輪独立懸架ストラット式(ロングアーム)を採用し、オンロード性能を高めつつ、

ジムニーと同じ175/80R16 タイヤを履き最低地上高は210mmを確保する。

エンジンはジムニーで定評あるK6Aインタークーラー付ターボエンジンを引き続き採用。
4WDシステムはジムニーに引き続きパートタイム式を引き継ぐが、ジムニークーペ専用に新開発したパドルシフト付5速AGS車も設定している。

 
043<<一覧