06.09.07

06.10.23 お礼

匡史!がんばれ!俺たちは待っているぞ!




2006.09.03 プレシーズンマッチ2006 対西武戦 1P途中、クレインズ#14 佐藤匡史選手が
相手チーム選手と接触、氷に頭部を強打し現在入院中です。
俺たちクレインズファンには祈ることしかできないが、少しでも匡史の力になれば!勇気付けられれば!
そう思いつるっ子マニアを始めML(つるっ子サポート組)、数名のクレインズファンと協力し
この活動を行うことにした。

◆祈りを込めて激励メッセージを
  ハガキサイズ 、または写真(L版)に匡史へ思いを込めたメッセージを書いてほしい。
  その紙には折鶴を一つつけてほしい。
  匡史本人がどんな人が書いてくれたのか解るよう名前を書いてほしい(問題なければ住所も)

  ○送り先 084-0906 北海道釧路市鳥取大通1-5-12 旺釧寮気付 「クレインズサポーター」宛
  ○締め切り 10/4 必着
         
9/30、10/1の釧路(ハルラ戦)、10/7.8東京(西武戦) に直接サポーターに渡しても構いません。)

  メッセージ用チラシをPDFで製作しました。色々な方々へ伝えてください。 PDF版

祈りを込めた黄色いリボン
  匡史の回復を祈り、選手としての復帰を信じる 黄色いリボンを製作してます。 
  なぜ黄色いリボンかと言うと・・・
  「日本では父の日に黄色の花を贈るといわれています。アメリカでは「黄色いリボン」を贈り、愛する人の
  無事を願うものとなりました。黄色は中国では「幸福の色」とされ、「喜び」「楽しみ」「希望」「向上心」「やる気」の
  意味がこめられています。また、イギリスでは古来「身を守るための色」とされており、南北戦争時代には兵士の
  無事を祈る黄色のハンカチの伝統が始まりました。」
  
  とあり、またさらに、「黄色は昔イギリスで「身を守る色」で、開拓時代アメリカに渡って『黄色いリボン』を身に付ける
  ようになりました。大切な人の無事を祈る・・・という意味で父の日のシンボルとなった黄色いリボン。」

  そんな意味からこの活動を行うこととしました。

  現在製作中ですが、メッセージを頂いた方には、この黄色いリボンを差し上げます。
  胸に付け 匡史を祈り、信じてあげてください。 また試合時には常に心の中で戦っている!そう思ってください。

◆俺たちがついている! 横断幕製作
  
匡史にはたくさんのファンが付いているんだ!
   現在横断幕を製作しています。その横断幕にみなさんのメッセージ・名前を書いてください。
   たくさんの仲間で匡史を勇気付けましょう。


  
  
  【活動グループ:クレインズサポーター(つるっ子マニア・つるっ子ML組・関東サポーター・おやじ】

  【責任者:クレインズサポーター つるっ子マニア代表 寺山 博道】
  【連絡先015452-7619 e-mailcranes@horae.dti.ne.jp

  ※ この活動は日本製紙および日本製紙CRANESとは関係ありません。