つるっ子マニア 2004-2005

振り返ると俺達つるっ子も結成7年目となった
思えば喜び 悲しみ 怒り 苦しみ・・全て味わってきた
同じ事を長く続ければ人間 飽きが来たり 多くを望んだりする
継続することの難しさ 実行することの大変さ
モチベーションを保ち続けることは時に人を追い詰めるときがある

自分自身に そして周りに勢いのあるときは こんなことは楽に乗り切れる
しかし一度 足を止めてしまうと 歩き出す足は重く
時には道を外れそうになる・・

毎年この時期 どんな気持ちで迎えるか・・
それで 俺達のシーズンが決まると言っても過言ではない。

昨年は解散から再結成
悩みに悩みぬき 自分達の居心地のいい場所を探した
その結果 自分達は楽しいシーズンを向かえ そして終えた。
でも 何かが足りなかった様な気がする・・。 
心底応援できただろうか? 自分に問いかけるときがあった

そして今年は・・3名の仲間が去った
理由はどうであれ一緒に戦った仲間だ  ありがとうと言いたい。
そしてこれからも変わらない仲間だ・・

しかしそんな状況で今年の応援は・・ 

メンバーそれぞれが 同じ不安を抱えながら
俺達は酒を飲みながら長時間に渡り語りあった

俺の気持ちの中では 人数が少なくなり
負担が大きくなる今 みな辞めたいのでは?
また俺自身 リーダーを誰かにたくそうか・・ 
自分の力ではもう限界かも・・? そうも考えていた。

しかし・・・
仲間達は頼もしかった 不安など思い過ごしだった

「やろう!クレインズの為に!」  「もっと盛り上げよう!」

弱気になりかけていた ずっと悩んでいた 
しかし 心のどこかで形を変え、 忘れ去られていた気持ちを
仲間達が思い出させてくれた

今年! とことんやろう! 気の済むまで! 
ボロボロになるまで!

長くなったが 
俺達は今シーズンも力の限り 心の底からクレインズを応援する
どんな時も温かく そして選手の背中を押す応援でゴール裏から戦い続ける

みんな 俺達と一緒にクレインズを応援しよう
ゴール裏で 一丸となり 声を出し 全力で戦おう

今シーズン 俺達は社員という意識を取り払い
みんなと一緒になり 応援したいと思っています。

「つるっ子として活動したい人」
それは出来なくとも「ゴール裏で一緒に応援したい人」

年齢性別なんて関係ない

少しの勇気を出し 声をかけて欲しい
もちろん俺達からも声はかける
 
ゴール裏から応援を広げよう

みんなの熱い応援 待っている。  

― つるっ子マニア ―
代表 寺山.副 久保埜
渡部.今野.達川.上妻.小菅.松坂