REPORT No37 〔2002.12.25〕

トヨタJIHLオールスター2003」ファン投票結果

 

GK部門(投票総数54,043票)       得票数  ファン投票選出

1位 ロブ・ドプソン    クレインズ  16,809  2年連続2回目

2位 荻野順二       王子製紙    7,825  初選出

 

■DF部門(得票総数52,876票)       得票数  ファン投票選出

 1位 川口 寛       コクド     6,904  2年連続2回目

 2位 伊藤 賢吾      クレインズ   6,672  2年連続2回目

 3位 川島 誠       王子製紙    4,699  2年連続2回目

 4位 ジョエル・ディック  クレインズ   3,974  初選出

 

■FW部門(得票総数52,988表)       得票数  ファン投票選出

 1位 竹内元章       クレインズ   4,053  2年連続2回目

 2位 ユール・クリス    コクド     4,029  初選出

 3位 伊藤雅俊       クレインズ   3,891  2年連続2回目

 4位 高橋朋成       アイスバックス 3,585  初選出

 5位 桜井邦彦       王子製紙    3,039  初選出

 6位 川平 誠       王子製紙    2,706  初選出

 

チーム分け(ファン投票選出選手)

レッドアンタレス             ブルーオリオン

監督   高木英克(王子)        監督   高木邦夫(コクド)

FW1位 竹内元章(クレインズ)     FW2位 ユール・クリス(コクド)

FW4位 高橋朋成(アイスバックス)   FW3位 伊藤雅俊(クレインズ)

 FW5位 桜井邦彦(王子)        FW6位 川平 誠(王子)

 DF2位 伊藤賢吾(クレインズ)     DF1位 川口 寛(コクド)

 DF3位 川島 誠(王子)        DF4位 Jディック(クレインズ)

 GK2位 荻野順二(王子)        GK1位 Rドプソン(クレインズ)

 

チーム分け(JIHL推薦選手)

レッドアンタレス                         ブルーオリオン

FW ダーシ・ミタニ(クレインズ)    FW 佐藤匡史(クレインズ)

FW マーク・コフマン(アイスバックス) FW 杉沢明人(王子)

FW 内山朋彦(コクド)         FW 斎藤哲也(王子)

FW 斎藤 毅(王子)          FW クリス・ブライト(西武)

FW 藤田キヨシ(西武)         FW ソ・サンウォン(韓国)

FW ソン・ドンファン(韓国)      FW キム・キョンテ(韓国)

DF 宮内史隆(コクド)         DF 村井忠寛(アイスバックス)

DF アーロン・キャラー(王子)     DF バート・ヘンダーソン(王子)

DF 小堀恭之(西武)          DF 山崎浩市(西武)

DF チャン・ジュンムン(韓国)     DF キム・ウジェ(韓国)

GK 二瓶次郎(コクド)         GK 春名真仁(アイスバックス)

GK キム・ソンベ(韓国)        GK 芋生ダスティー(西武)

 

 以上ご覧頂きましたとおり、オールスターゲーム出場選手が決定致しましたが、我がクレインズからは、ファン投票でGK部門の「ロブ・ドプソン」選手とFW部門の「竹内元章」選手の二人が2年連続でトップとなっており、その他のファン投票では、DF部門で「伊藤賢吾」選手が2年連続、そして「ジョエル・ディック」選手が初選出、またFW部門では「ま〜しゃ伊藤」が2年連続での選出となっております。

 また、JIHL推薦選手としては、FWで「ダーシ・ミタニ」選手と「佐藤匡史」選手が、2年連続での出場となっております。

 1月18日の行われる、「スキル・コンペティション」では、シュートスピードコンテストにおいて、前回の最高スピード153kmを出した「ジョエル・ディック」選手の2年連続最速シューターとなるか。またスケーティングスピードでも、前回トップとなった佐藤匡史選手の快足に期待が掛かります。

 そして1月19日は本番の「オールスターゲーム」。

ブルーオリオンGKロブ・ドプソン選手に対して、レッドアンタレス竹内元章選手と伊藤賢吾選手が立ち向かうと言う、クレインズ・ファンにはたまらないシーンが見られるのではないかと期待する調査員。

 苫小牧開催と言うことで、地元勇払工場・白老工場のみなさんは勿論の事、北海道営業支社、そして釧路からは観戦ツアーも組まれており、是非是非2日間のクレインズ選手の活躍をお見逃しなく。