ASUKA U見送り隊

9月23日 釧路港に国内最大級の旅客船「飛鳥U」が寄港し
釧路港おもてなし倶楽部が初めて歓迎、そして送迎のイベントが行われた。

その夜8時にはフィナーレとして約1000人の釧路市民が「また来てね」と
見送りをおこなった。


終わりよければすべてよし・・・・その最後のフィナーレの見送り隊として任命されたのは
我等つるっ子マニア!

どうして??

それは以前 釧路・根室元気ファンド(活動している団体に助成を受けられる企画)に出場した際
俺達のプレゼンが「元気がよかった」「彼等ならなんとかやってくれる」そんな意味から依頼がきた。

クレインズでもない応援でもないリンクでもない俺達の事はほとんどが知らない
そんな所でこう言ったことをするのは始めて。

アウェイを感じながらだったが、出番が来た時にはいつもの俺達。

しっかりおもてなしの心で任務遂行しました。


この様子は釧路新聞の1面に紹介され、つるっ子マニアの名前もしっかりと載っていました。

釧路開幕戦も近かった事から宣伝を兼ねて、シュートでポン大会を行いました。
12時〜16時まで実施し写真やグッズ、ステッカーなどをプレゼントなんと挑戦者130人!!!
夕方にはキッズロケットが歌と踊りを披露、ヒートボイスもライブを行いました。
そのライブの中でクレインズ応援ソングが初披露され、キッズロケットも踊りを披露しました。後方はつるっ子。
蝦夷太鼓の演奏 魔よけの曲で船の無事を祈る。
いよいよ我等見送り隊の出番。 気がつけば約1000人もの人達が。
船上から写した写真。
クレインズの勝ち試合でお馴染みのウルフルズのバンザイが流れ
みんなでペンライトで見送りました。
どうやって盛り上げようか非常に悩んだが、引き受けてよかった・・・。

もはやつるっ子はクレインズのサポーターだけではなく、釧路で活動する団体として認知された瞬間だった。